プロローグ

千姫の恋物語
思いを馳せ
縁を結ぶ神様
春日神社

二つの神社からなる
桑名の総鎮守
桑名宗社(俗称 春日神社)

伊勢国 桑名の総鎮守
千年以上の歴史を有する、
二つの神社が
睦まじく鎮座する姿から、
結婚式が盛んに
行われてまいりました。
織田信長や徳川家康からの
神領の寄進をはじめ、
本多忠勝・松平定綱など
歴代桑名城主から
篤く崇敬された
格式高い神社とされます。

東海道における
唯一の海上路
七里の渡し

宮宿(現:名古屋市熱田区)から
海里で七里行けば、
桑名湊「七里の渡し」
ここに建つ
伊勢国一の鳥居は、
伊勢神宮から春日神社へ
御下賜されたもので、
歌川広重の
「東海道五十三次」にも
描かれている
桑名宿の象徴です。

千姫の
恋ものがたり

この湊は、
徳川家康の孫「千姫」ゆかりの
恋のスポット。
彼女が本多忠刻に
出会い 恋をした場所が、
「七里の渡し」
であったと伝わります。
本多家が姫路に移るまで、
幸せな結婚生活を
桑名で過ごしました。

今もあり続ける
縁結びの神様

嫁入りの際、
恋愛成就の感謝の意を込めて
千姫自身により
春日神社の境内に
東照宮 」が建てられました。
往時の姫の
恋ものがたりに、
思いを馳せる
恋を語り合う場所として
今も縁を結ぶ
幸せの神様として在り続けます。

伊勢神宮より
特別に御分霊を
受けた唯一の神社
春日神社

春日神社の境内に建つ
皇大神宮御分霊社は、
伊勢神宮に祀られる
天照大御神を
お祀りする神社とされます。
明治九年に神宮司庁より特別に
御分霊を受ける許可を頂いた
全国でも唯一の神社として、
百四十年変わらず
見守り続けております。

天下の奇祭
石取祭

毎年八月第一土日に
開催される石取祭は、
江戸時代初期に始まったといわれ
桑名宗社(春日神社)での楽奏は
鉦や太鼓が響き渡り
「日本一やかましい祭り」と
言われています。
平成十九年三月には
「国指定重要無形民俗文化財」に、
平成二十八年には
「ユネスコ無形文化遺産」に
指定され、四〇〇年前から現在まで
桑名で愛されるお祭りです。

ご参列の方へ

会場へお越しいただく皆様に快適な時間をお過ごしいただけるよう、様々なサービスを用意しております。
ご不明な点がありましたら気軽にお問い合わせください。

ご参列の方へを見る

よくあるご質問

会場によく寄せられるご質問をまとめております。

よくあるご質問を見る

公式ホームページ

桑名宗社(春日神社)公式ホームページ
初宮詣(初宮参り)・お食い初め・七五三・成人式・還暦・長寿の祝い・御朱印など
ウェディング以外の詳細は下記URLからご覧ください。

http://www.kuwanasousha.org
トップへ