三重県桑名市の神社で神前式・神社結婚式|THE KASUGA

2022.08.11ブログ

神前式の流れ-席改めの儀-編

皆様こんばんは。いつもTHE KASUGAブログをご覧いただきありがとうございます。

今日の桑名は猛暑日となり、外に一歩出ると焦げ付く暑さでしたね。この時間になっても暑さが和らぐこともあまりないので、外に出る際は水分補給をしっかりとってお出かけください。

さて、今日は神前式の流れの続きをお話しできればと思います。

春日神社では神前結婚式において《新郎新婦席改めの儀》という特別な時間を作っております。

誓詞奏上⇒三献の儀⇒玉串奉奠⇒指輪交換⇒春日の舞奉奠と大切な儀式ののちにおこなうものです。

親御様からすれば自分の息子(娘)が結婚することは分かっていても、式の中で改めて嫁ぎ先に席を座りなおすことを目の当たりにすると「あー本当に嫁(婿)に行ったんだな」と実感されるようです。

生まれてから今日までのお子さんの成長を思い返すとても大切な時間。この一瞬を大切にされることがこの儀式を行っている想いの部分です。親御様への感謝の想いとこれから幸せになる決意を胸にここでしか感じることができない神前式をお楽しみにいただければ幸いです。

《ずっと在り続ける場所》

《大切な家族と紡ぐ時間》

-伊勢神宮へ続く 桑名はじまりの神社-

THE KASUGA